コードとコードネーム3





Copyright(C) 2009・8・28〜  by gigue(ジーグ) 商用にお使いになる事は禁止です。

  根音のド(ハ音・C音)がシャープで半音上がっている時のコードとコードネームは
  「コードとコードネーム1」にも書きました。これはレ(変ニ音・D♭音)を根音とする
  コードと同じキーになります。
   


   

   の位置       
の位置


   
♯mの位置      ♭mの位置


   augの位置     
♭augの位置


   
dimの位置     ♭dimの位置





   また、ハ音に♭がついて半音下がっている変ハ長調もあります。変ハ長調に出来るコードは
   下のようになります。これはシ(ロ音・H音英語ではB音)に出来るコードと同じキーになります。
   


   



   の位置         
の位置


   
♭mの位置        mの位置


   augの位置       augの位置


   dimの位置       
dimの位置





    ファシャープを根音にして出来たコードとソフラットを根音にして出来たコードも上記と
    同じに譜面では違いますが、キーは同じになります。

  


   

                    
♭dim
   
♯dimの位置

                    ♭m
   ♯mの位置
                    
   
の位置

                    ♭aug
   
♯augの位置



   上記の3種類のコードは、異名同音の調に出来たコードなので、名前はちがってもキーは同じ、
   したがって聞こえる音程も同じです。
   コードで考える時、複雑なコードになる場合は簡単な方で考えることが多いです。

   例えば ♭dim よりも dim の方が分かりやすいですね。

   同じように ♭dim よりも ♯dim の方がすっきりしていて分かりやすいと思います。


   五度圏のページに置いた五度圏の図をご覧いただけば判ると思いますが、異名同音の調は
   上記の3種類だけです。


   
   根音に変化音(シャープやフラットなど)が付いているコードで上記になかったコードです。

   
根音ミにフラットが付くコード
   

      
♭aug   


      ♭     


      
♭m    


      ♭dim   





    
根音ラにフラットが付くコード
    

     
♭aug   


    A     


    A♭m    


    A♭dim   



  
 根音シにフラットが付くコード
    

     
      


    B♭m     


    B♭dim    


    B♭aug   







inserted by FC2 system