音部記号と音符の読み方





Copyright(C) 2008・11・20〜  by gigue(ジーグ) 商用にお使いになる事は禁止です。


    音部記号
       音部記号には高音部記号と中音部記号と低音部記号の3種類があります。

      高音部記号。ト音記号・バイオリン記号ともいいます。
      
         ト音記号というのはト音(ハ長調のソ)を決める記号という意味です。
        ハ長調のソは第2線にあります(下の図では赤い線)。 第2線をくるりとうずまきで囲んで
        ありますが、この記号はアルファベットのGを飾り(かざり)文字にしたものだそうです。
        Gは外国の音名でソを表す文字です。
      

      
       高音部譜表(こうおんぶふひょう)
        ト音記号を五線に書いたものを高音部譜表(こうおんぶふひょう)とよびます。
     
      
       (たぶん、最初は青い音符をド、そこから順番にレ・ミ・ファ・ソ・ラ・シ・ドと教えてもらったと
        思いますが、本当はソが最初に決まったのです)



       中音部記号
        ハ音記号という名前もあります。ハ音(ハ長調のド)を決める記号です。
        4種類ありますが、現在ではそのうちの3つはほとんど使われていません。
        

        赤い線(第3線)の音符がハ音(ハ長調のド)を決める記号です。
        この記号はハ音記号の中のアルト記号といいます。管楽器にはこのアルト記号を使うものもありますし、
        ヴィオラという弦楽器で使われる場合もあります。
             



        アルト譜表
          アルト記号を五線に書いたものをアルト譜表といいます。
         



         低音部記号
           へ音記号・バス記号ともいいます。へ音(ハ長調のファ)を決める記号です。
          

          赤い線をヘ音(ファ)と決めます。この記号はアルファベットのFを飾り文字にしたものだそうです。
          Fは外国の音名でファを表す文字です。
          第4線をファと決める記号です。第4線から書き始めますが、その部分を丸くして、二つの小さな
          丸い点(ドット)ではさんであります。
          
         
         

         (ファを決める記号なので、最初に決まったのはファ、そこから順番にソ・ラ・シ・ドとなって
          ドも決まったわけです)

      

       ※ここで説明(せつめい)した音符の読み方は、ハ長調の読み方です。ハ長調は音楽の基本となるので
         基本調(きほんちょう)ともいいます。音楽の理論(りろん=考え方)の説明ではハ長調を使う場合が
         多いです。
         基本調のハ長調の他に多くの調がありますが、それは後で説明することにします。


        
        ※ハ音記号には、上に書いた他に第1線をハ音(ド)にするソプラノ記号、第2線をハ音(ド)にする
         メゾソプラノ記号、第4線をハ音(ド)にするテノール記号などもありますが、今は使われません。
         へ音記号には第3線をヘ音(ファ)と決めるバリトン記号というのもありましたが、これも今では
         使われていませんから、ここでは省略(しょうりゃく)します。
         ただ、楽典(がくてん)といって、音楽を詳しく勉強する時には必要になる場合もありますから、
         難しい(むずかしい)方の音楽用語辞典には書いています。






inserted by FC2 system