3度の音程





Copyright(C) 2009・1・22〜23  by gigue(ジーグ) 商用にお使いになる事は禁止です。


3度音程は「長短コース」なので「長3度」か「短3度」が基準になります。
    下の音と上の音の間が二つの全音(2全音)で出来ていると長3度で、一つの全音と一つの半音
     (1全音と1半音)で出来ていると短3度になります。

                 ←せまくなる          →広くなる
   重々減3度←重減3度←減3度←短3度長3度→増3度→重増3度→重々増3度

  ※後で習う近親調で、主張と平行短調の関係が短3度という事を知っていると便利ですが、
    その時長3度と短3度が必要になります。


基準が長3度の場合
   


   


   


   


   


     「ファ・ラ」の3度音程も「ソ・シ」の3度音程も「ド・ミ」と同じ二つの全音で出来ているので
     上と同じにに考えて下さい。

   




基準が短3度の場合



   


   



   「ミ・ソ」の3度音程も「ラ・ド」の3度音程も「シ・レ」の3度音程も、「レ・ファ」と同じに一つの全音と
   一つの半音で出来ているので、上と同じに考えて下さい。









inserted by FC2 system