調号と長調




Copyright(C) 2008・11・28〜  by gigue(ジーグ) 商用にお使いになる事は禁止です。

    調号(ちょうごう。調子記号・ちょうしきごうともいう)
      調を決めるには調子記号が必要で、調子記号にはシャープまたはフラットを使います。
      シャープが五線に1個付く調から7個付く調まで、フラットも1個付く調から7個付く調まで14の
      長調があります。また、長調にはそれぞれ親戚(しんせき)の短調(たんちょう)があるので
      短調にも14の短調があり、長調と短調合わせて28の調があります。その他に、調号が付かない
      基本調(きほんちょう)のハ長調とその短調(イ短調)もあるので、合計30の調があります。
     

     主音と調名
      主音は、音階の一番初めの音(第1音)で、音階の基礎(きそ)となる音です。長調では「ド」。
      調の名前は、この主音の名前でよぶことになっています。また曲はこの主音で終わります。
      そのわけは、主音で終わると「終わった」という感じが強いからで、他の音で終わると「終わった」
      感じがうすいか、終わった感じがしない音もあります。


     基本調(きほんちょう)
       すべての調の基本となる調で、調号は何もありません。
       楽典(がくてん)などで説明する時には基本調を使うことが多いです。


     



      調号がシャープの調

     


     


     


     


     


     


     



     シャープは左から右へ順番に一つずつ増えて7つまで付きます
     の真ん中のの中の音に付きます。
     シャープは重ならないように、少しずつ右にずらして書きます。
     

   


      調号がフラットの調

     



        変ロ長調

     



     



     



    



    



    




       フラットは左から右へ順番に一つずつ増えて7つまで付きます
      の真ん中のの中の音に付きます。
       フラットは重ならないように、少しずつ右にずらして書きます。
    






inserted by FC2 system