音符の書き方





Copyright(C) 2008・12・31〜  by gigue(ジーグ) 商用にお使いになる事は禁止です。


全音符と2分音符の書き方
   全音符は符頭(ふとう・まる)だけ書きます。
   2分音符は全音符に符尾(ふび・ぼう)を書きます。


    1.音符はまず符頭(たま)を書きますが、書きたい丸の右上から左下に向かって丸を書き、
      書き始めにもどります。
      (慣れなくて五線からはみ出すようなら、慣れるまで上半分下半分に分けて書いても良いです。
      その書き方は「こどものおんがくじてん」の「おんぷのかきかた」をごらん下さい)
        

   


   




      4分音符と8分音符の書き方
         4分音符は、2分音符の符頭(たま)の中を黒く縫ってから符尾(ぼう)を書きます。
        8分音符は、4分音符の符尾(ぼう)に符鉤(ふこう・はた)を書きます。

         符鉤(はた)はぼうが下にある音符でも全部右に書きます。

   



   



     付点音符
        付点は音符の符頭(たま)の右横に書きます。符尾(ぼう)が下に書いてあっても
        付点は必ず右横に書きます。
        ただ、線の音符には線よりも上の間に書くことになっています。線に小さな点を
        書いても、線で見えないこともあるからです。

   



   




    和音の付点は、音の数だけ書きます。
    いつも音符の右で、線の音符は線よりも上に書くことに決まっていますが、たまにですが、
    楽譜の都合で、線の音符でも線よりも下に書くこともあります。

   





inserted by FC2 system