音楽用語辞典-P(peg-pi)

                          ご使用の前に必ずお読み下さい
ジーグが手持ちの資料(別記)を参考に作成したものにより、転載およびこれを商用目的で使用することは禁止します。

ここでは一般的に手軽に参考にして頂けるように解り易い表現で短くまとめた部分もありますが、参考書を作成された
著者の趣旨を壊さないようにそのままお借りした部分もありますから難解な表現の部分もあります。また、ドイツ語等に
あるウームラウト等の記号は文字化けすることがあると聞いていますので省略しています(化けて判読できないよりは
アルファベットが読める方が良いかと、独断ですが)。音楽を専門的に勉強したい人、あるいは受験生は専門の辞書ま
たは参考書でお調べ下さるようお願いします。

(お世話になった参考文献等は音楽用語辞典トップに記載しています)          

Copyright(C) 2005・5・8〜2013・5・30(修正) by gigue

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
     
    日=日本語  英=英語  独=ドイツ語  伊=イタリア語  羅=ラテン語  米=アメリカ特有の名前  西=スペイン

a-ai aj-an ap-az b-ba bd-bl bm-by c-ce ch-ci cl-com con-cz d-de
di-dop dor-dy e-em en-ex f-fi fl-fz g-gh gi-gy h-he hi-hy i j-k l-le lh-ly
ma-md me-min mir-mo mp-my n o-op or-ow p-ped peg-pi pk-pra pre-py r-re rf-ry
s-schm schn-ser ses-soi sol-ste sti-stra sto-sy tep-to tr-ty u v-vi vl-vo wxyz
五十音
トップ








アルファ
ベットトップ

       用語        国名・読み           意味  
124 peg 英:ペッグ
糸巻き=弦楽器の糸を巻いてある部分。
125 pegbox 英:ペッグボックス
糸倉=弦を持つ楽器の先端で糸巻をまとめる部分
126 pegli 伊:ペリ
ために。向かって。よって。
127 penilion 英:ペニリオン
ウェールズで、中世l頃から17世紀末頃まで、bard(詩人音楽家)達によって行われた古楽弾唱の一形式。一人がハープを弾くと他が旋律と和音に合わせて即興の詩を歌う。現在も痕跡を残す。
128 Pennilion 英:ペニリオン
    同上
129 pentatonic scale 英:ペンタトニック・スケール
五音音階
130 Pentatonik 独:ペンタトニーク
    同上
131 per 伊:ペル
為に。 よって。
132 perce 仏:ペルス
ディアパゾン=語源は全てを通して」を意味するギリシャ語。1.17世紀の初め頃まではオクターヴを指した。 2.音叉。 3.管楽器の製造に関する述語 4.声域 5.ダイアベーソン
133 perception du temps 仏:ペルセクシォン・デュ・タン
時間知覚
134 percossa 伊:ペルコッサ
打撃
135 percussion family 英:パーカッション・ファミリー
打楽器(族)
136 percussion instruments 英:パーカッション・インストルメンツ
上に同じ
137 perdendo 伊:ペルデンド
次第に遅くしながら次第に弱く。次第に消えるように。
138 perdendosi 伊:ペルデンドージ
    同上
139 perfect cadense 英:パーフェクト・ケーデンス
完全正格終止
140 perfect chord 英:パーフェクト・コード
完全和音=和音を形成している音が完全に揃っていて第5音などの省略を伴わないもの。
141 perfect consonance 英:パーフェクト・コンソナンス
完全協和音=完全協和音。完全1度、完全4度、完全5度、完全8度をいう。
142 perfect fifth 英:パーフェクト・フィフス
完全5度=3全音と1半音で出来ている5度
143 perfect interval 英:パーフェクト・インターヴァル
完全音程=1度、4度、5度、8度とそれぞれの展開音程。(音程には長音程、短音程、増音程、減音程、完全音程がある)。
144 perfect time 英:パーフェクト・タイム
完全拍子=3拍子のこと
145 perforated roll instrument 英:パーフォレーテッド・ロール・インストルメント
巻紙に孔をあけその位置によって音度を、長さによって音質を示し、これに空気を通過させることによって自動的に音を発する楽器。最初は小オルガンに応用、日本でも紙孔琴として流行した。これの進化したものがピアノラ(自動ピアノ)として特許を得た。レコード音楽以前に流行した。
146 performance 英:パフォーマンス
演奏  詳しくは こちら
147 period 英:ピアリアッド
楽段  詳しくは  こちら
148 Periode 独:ペリオーデ
    同上
149 pero 伊:ペロー
しかし。それにも関わらず。
150 perpetual canon 英:パーペテュアル・カノン
無限カノン=各声部が初めから何度も繰り返されるカノン。 参考  こちら
151 perpetuum mobile 羅:ペルペトゥウム・モビレ
無窮動の意。初めから終わり迄同じ長さの音符による急速な楽句を連続する形式の楽曲。
152 per recte et retro 羅:ペル・レクト・エト・リトロ
レトログラード=旋律を逆から読むこと、すなわち音符を右から左へ(逆から読んだ音符を左から五線譜に書く)
153 pesant 仏:ブザン
重々しく
154 pezante 伊:ペザンテ
    同上
155 petit、   petite 仏:プティ   プティット
小さい
156 petit bugle 仏:プティ・ビューグル
小ビューグル=サクソルン族の最高音楽器。理論的な管の長さは1.105メートルで、変ロのビューグルより4度高い移調楽器。実音は記音よりも短3度高い。
157 petit detashe 仏:プティ・デタッシュ
弦楽器の奏法の一種。弓の先の小部分を用いて速い楽句を奏するもので、各音符が連結線で結ばれない時にのみ行われる。
158 petite caisse 仏:プティット・ケス
小太鼓
159 petite clarinette 仏:プティット・クラリネット
小クラリネット=普通のクラリネットをそのまま小さくしたもの。音量や発想力は劣るが音色は細い透明な輝きを持ち、吹奏楽における重要な楽器である。変ホ、ニの他変イの楽器もあって、南欧の吹奏楽に使用されている。何れも移調楽器。
160 petite flute 仏:プティット・フリュート
ピッコロ
161 petites notes 仏:プティット・ノート
装飾音  詳しくは  こちら
162 petto 伊:ペット
163 peu 仏:プ
少し
164 peu a peu 仏:プウ・
少しずつ。 次第に。
165 pezzo 、 pezza 伊:ペッツォ    ペッツァ
小曲
166 Pfeife 独:プファイフェ
パイプ1.管楽器
2.オルガンの音管
3.バッグパイプ(複数、スコットランド)
4.縦笛のフルート。3穴で、一人の奏者が小さな太鼓(ティパー)と共に演奏した。イギリスの郷土楽器。
167 Pfeifen 独:プファイフェン
口笛
168 pfiffig 独:プフィッフィ
狡猾な。巧妙な。
169 phagoto 伊:ファゴット
低音木管楽器。管の基音はオーボーより2オクターヴ低い。低音部記号とテノール記号を併用して実音のまま記譜する。演奏する時には肩から紐で吊し下部を右の脇下にして上端は右肩の斜め上に向ける。
170 phagotus 羅:ファゴトゥス
16世紀初頭のパヴィアの高僧アフラニオ・アルポネーセによって発明された大げさな管楽器。セルビアのバッグパイプを機械化したもの。手動のふいごで空気を送りパイプの孔を指で押さえて各種の音を出す。ファゴットの祖先ではない。
171 Phantasie 独:ファンタジー
幻想曲=決まった形式がなく自由に幻想的に作られる曲。 参考  こちら
172 Phantasieren 独:ファンタジーレン
「幻想化する」の意。前もって準備することなく即興的に演奏すること。
173 Phantasiestuck 独:ファンタジーシュトゥック
小幻想曲
174 phenomenal rconstancy of loudness 英:フェノミナル・コンスタンシー・オブ・ラウドネス 音の大きさの恒常現象
175 philharmonie 英:フィルハーモニー
フィルハーモニッシュ=調和を愛すの意味から転じて「音楽を愛す」
176 philharmonique 仏:フィルアルモニック
    同上
177 philharmonish 独:フィルハルモーニッシュ
    同上
178 philosophical pitch 英:フィロソフィカル・ピッチ
標準調子=絶対調子、基準調子、標準基音、標準高度などともいう。音楽で用いる音の高さを合致させる為に決められた特定振動数のこと。
179 phi-phenomenon 英:ファイ・フェノメナン
仮現運動
180 phon 英:フォン
音の大きさの単位。ことに騒音の大きさを表すのに用いられる。その定め方はデシベルと同じ。
181 Phon 独:フォン
    同上
182 phone 仏:フォン
    同上
183 phonetics 英:フォネティックス
音声楽
184 Phonetik 独:フォネーティク
    同上
185 phoneuma 羅:フォネウマ
オルガンのフルー音栓=オルガン音栓の種類。リード音栓と並んで重要な部門を占める。同じフルーパイプ(同音色)の系列をフルー・ストップと称し、古い縦笛のような歌口を具える無簧音感列。
186 Phonograph 独:フォノグラフ
蓄音機。 詳しくは こちら
187 photo-elektric cell 英:フォト・エレクトリック・セル
光電管=発声映画の発声装置に用いる。フィルムの音溝に撮影された波形をエキサイター・ランプに当ててスリットを通し、透過してくる光量を受けて、これを光電流に変える電管。これを拡大増幅して拡声器を鳴らせば再生音が得られる。電気楽器にもこれを応用したものがある。
189 Photo-elektrische Zelle 独:フォト・エレクトリッシェ・ツェ
    同上
190 photona 英:フォトナ
光電管(photo-elektric cell)を応用した2段の鍵盤からなる電気鍵盤楽器。
191 Phrase 独:フレーゼ
旋律の一区切り
192 phrase 英:フレーズ
    同上
193 phrase marks 英:フレーズ・マークス
フレーズを示す記号。レガート記号と混同されるので、最近は終わりが四角、またはカーブした水平線を用いることが提案されている。
194 phrase principal 仏:フラーズ・プラシィパル
主要楽節=楽曲の中心的な主要な部分で、ソナタ形式の第一主題をいう。
195 Phrasierung 独:フラジールング
楽句の切り方。
196 phrasing 英:フレージング
    同上
197 Phrygian cadence 英:フリジアン・ケーデンス
フリギア終止=フリギア旋法による終止
198 Phrygian mode 英:フリジアン・モード
フリギア旋法=正格旋法でホ〜ホの音列   
199 phrygische Schluss 独:フリーギッシェル・シュルッス
フリギア終止=フリギア旋法による終止
200 phrygische Tonart 独:フリーギッシェ・トーンアールト
フリギア旋法=正格旋法でホ〜ホの音列
201 Physharmonica 独:フィスハルモニカ
1818年にウィーンのアントン・ハッケルが発明した小型のオルガン風楽器。ハーモニューム(制限された場所ー学校、礼拝堂、居間等ーで使用するオルガンの代用として作られたリード・オルガン族の鍵盤楽器。日本では単にオルガンと称している)の前身。
202 piacere 伊:ピアチェーレ
任意。 愉快。
203 piacevole 伊:ピアチェーヴォレ
気持ちの良い
204 pianamente 伊:ピアナメンテ
静かに。 柔らかに。
205 piangendo 伊:ピアンジェンド
泣きながら。 訴えるように。
206 piangevole 伊:ピアンジェーヴォレ
もの悲しげな
207 Pianino 独:ピアニーノ
アップライトピアノ
208 pianissimo 伊:ピアニッシモ
最も弱く
209 piano 伊:ピアノ
1.ピアノ=ピアノフォルテの略称。 
詳しくは こちら

2.弱く。略して
210 piano-accordeon 英:ピアノ・アコーディオン
アコーディオン=手風琴ともいう。 
  詳しくは こちら   
211 piano-a queue 仏:ピアノ・ア・クー
グランドピアノ  こちら  
212 piano carre 仏:ピアノ・カレ
スクエア・ピアノ=旧式のピアノで四角い机のような形をしている。弦はグランド・ピアノのように水平に張られているが、ハンマーの列と斜めに交差して場所を取らないようになっている。1758年ドイツで制作されて、ひと頃は持てはやされたが、音質も性能もあまり良くなかった為アップライト・ピアノの出現によって19世紀中頃には全く使用されなくなった。   
213 piano droit 仏:ピアノ・ドロワ
アップライトピアノ  こちら  
214 pianoforte 伊:ピアノフォルテ     こちら
215 pianoforte playing 英:ピアノフォート・プレーイング
ピアノ演奏
216 pianola 英:ピアノラ
自動ピアノ=ピアニストが演奏したものを自動的に機械に模倣演奏させるもの。
217 piano music 英:ピアノ・ミュージック
ピアノ音楽    詳しくは こちら
218 piano quartet 英:ピアノ・クォーテット
ピアノ四重奏=ピアノ、ヴァイオリン、ビオラ、チェロ
219 piano quintet 英:ピアノ・クィンテット
ピアノ五重奏=ピアノ、ヴァイオリン2台、ビオラ、チェロ、
220 pianora 英:ピアノラ
自動ピアノ=ピアニストが演奏したものを自動的に機械に模倣演奏させるもの。
221 piano-score 英:ピアノ・スコア
管弦楽または室内楽などの楽曲をピアノ曲用に編曲した楽譜。
222 piano theiry 英:ピアノ・セオリー
ピアノ説   詳しくは こちら
223 pianto 伊:ピアント
涙。 悲哀。
224 pianotrio 英:ピアノトリオ
ピアノ三重奏=ピアノ、ヴァイオリン、チェロ
225 piatti 伊:ピアッティ
シンバル   詳しくは こちら
226 pibcorn 英・ピブコーン
ストックホーン=スコットランドで作られた古い単簧の木管楽器。ウェールズ地方に一般化した同種楽器をピブコーンと称する。
227 pibgorn 英・ピブゴーン
    同上
228 Picardy third 英:ピカルディー・サード
ピカルディ3度=本来なら短3度で終止するべき、ドリア、フリギアの終止を長3度にする。18世紀のエオリアや転調にも適用されていたのはバッハにも見られる。(ピカルディーという名前の由来は知られていない)
229 piccolo 伊:ピッコロ
フルートより1オクターヴ(8度)高い木管楽器
230 piccolo flute 英:ピッコロ・フルート
ピッコロ= 同上
231 Pickelflote 独:ピッケルフローテ
    同上
232 piena 伊:ピエーナ
ピエーノ=充分に。 従って。
233 pieno 伊:ピエーノ
上に同じ
234 pieta 伊:ピエタ
憐れみ
235 pietosamente 伊:ピエトーサメンテ
憐れな
236 pietoso 伊:ピエトーソ
憐れむべき。 同情すべき。
237 pifaro 伊:ピファーロ
フェロ=高音の古い木管楽器。今日でも民間で使用されている。
238 piffero 伊:ピッフェロ
    同上
239 Pikardische Terz 独:ピカルデッシェ・テルツ
ピカルディ3度=本来なら短3度で終止するべき、ドリア、フリギアの終止を長3度にする。18世紀のエオリアや転調にも適用されていたのはバッハにも見られる。(ピカルディーという名前の由来は知られていない)
240 pikieren 独:ピキーレン
スピッカート(弓が弦の上で撥ねる事が許されるスタカートの奏法で、弓の中央部を持って急速に動かす時に生じるもの)で奏する。
241 pipe 英:パイプ
1.管楽器
2.オルガンの音管
3.バッグパイプ(複数、スコットランド)
4.縦笛のフルート。3穴で、一人の奏者が小さな太鼓(ティパー)と共に演奏した。イギリスの郷土楽器。
242 pipeorgan 英:パイプオーガン
パイプオルガン=最大の送風鍵盤楽器。音楽ホールや教会などの建物の一部として装備されることが多い。2〜6段の手で弾く鍵盤と足鍵盤がついている。
243 pique 仏:ピケ
脚棒
244 piqueren 独:ピクヴィーレン
スピッカート(弓が弦の上で撥ねる事が許されるスタカートの奏法で、弓の中央部を持って急速に動かす時に生じるもの)で奏する。
245 pirolino 伊:ピロリーノ
糸巻き=有棹楽器の部品。弦の一端を巻きつけて、棹の先の糸倉におさめる木製または金属製の栓。
246 piston 英・仏:ピストン
無弁の金管楽器に取り付けて、半音階の空白を補い、正確な音を容易に得るための弁装置。1790年、イギリスのクラゲットによっても作られたが、1813年、ドイツのブリューメルに発明されてから急速に広まった。今日の金管楽器は回転式とともに殆どこの式を使用し、普通は最低3個のピストンを具えている。
247 pistone 伊:ピストーネ
    同上
248 pitch 英:ピッチ
音の高さ
249 pitch fork 英:ピッチ・フォーク
標準音叉=弦楽器を始め、その他の楽器や歌唱の最初に出す音を決めるために用いる小さな標準音高用器具。
250 pitch limit(s) 英:ピッチ・リミット(ツ)
可聴限界
251 pitch-pipe 英:ピッチ・パイプ
調子笛
252 pittorico 伊:ピトーリコ
絵のような
253 piu 英:ピゥ
更多く
254 piuttosto 伊:ピゥトースト
伊:むしろ。一層。
255 pizz. 伊:pizzicatoの略
ピッツィカート ↓
256 pizzicato 伊:ピッツィカート
弦楽器の弦を指で弾く奏法

a-ai aj-an ap-az b-ba bd-bl bm-by c-ce ch-ci cl-com con-cz d-de
di-dop dor-dy e-em en-ex f-fi fl-fz g-gh gi-gy h-he hi-hy i j-k l-le lh-ly
ma-md me-min mir-mo mp-my n o-op or-ow p-ped peg-pi pk-pra pre-py r-re rf-ry
s-schm schn-ser ses-soi sol-ste sti-stra sto-sy t-to tr-ty u v-vi vl-vo wxyz
五十音
トップ








アルファ
ベットトップ



inserted by FC2 system